2007年 12月 17日 ( 1 )
| TOP↑
結果でた~
病理検査の結果がようやく出ました。

  腫瘍の大きさ:2.7×1.5
  リンパ節転移:2個
  遠隔転移なし
  術式:乳房温存手術(乳房扇状部分切除術)
  ホルモンレセプター:ER   陰性
               PgR 陰性
  核異型度:未検査

だそうです。
そしてがんの種類が『髄様がん』
聞きなれないけど浸潤がんの中の『特殊型』で全乳がんの0.5%だそうです。

術後治療は
切除断端にがんがないため放射線療法はしない
ホルモンレセプターがマイナスためこれもしない
残るは化学療法。そうです抗がん剤です。

そしてこれからいざ頑張るぞ!と気持ちを奮い立たせた矢先に衝撃の事実が!!!

なぁんと信頼しきっていたM医師が異動。
どこ行くの?って聞いたところで遠く行くみたいで・・・
お母ちゃんのかかっている病院は中規模の病院です。
M医師がいなくなったら乳がんの専門医がいなくなるそうです。
どうする?母ちゃん・・・
と決断を迫られ悩みに悩んで地元の大きな病院へ紹介していただくことになった次第です。

大きな病院=待ち時間が長い
これがねえ・・・
医師ともじっくり話す時間もなさそうで・・・
ということをM医師に言われました。
今までの病院は先生も看護師さんもみんなやさしかったでしょ?って。
それがこの病院の特長でもあるんだけどねって。
確かにねえ。
でも基本お医者さんはみんな優しいよって。
[PR]
by shibainukai | 2007-12-17 23:53 | 笑う母の治療 | TOP↑