カテゴリ:EC治療開始( 2 )
| TOP↑
かっこいい!!!
入院してよかったこと。
それは主治医の先生に顔と名前を覚えてもらえたことです。
私は手術は別の病院でしました。
抗がん剤治療になってからこの病院へ転院しました。
大きな病院です。
ただでさえ患者数が多いのに、まだ2回しか外来で診てもらっていません。
だから私のことなんて全く覚えてないに違いない!(←なんて卑屈な母ちゃん)
と思っていたのは事実です。
でも入院して手厚い看護の元、何回も様子をみに来てもらいありがたかったです。

それにしても女医さんが多かった・・・
あ~かっこいい。かっこよすぎ。
惚れてしまいそう。
それがまた美人ときてるから・・・

白血球の数値が上がらずにしょんぼりしていたら
『私たちもがんばるからお母ちゃんもがんばりましょう』
って肩をポンポンてされた時にはもう二つ返事で
『はい』
きっとお母ちゃんの小さな瞳にはハートマークが出ていたに違いない!!!

1回目の抗がん剤は私の体には量が合わなかったみたいです。
2回目は薬の量を減らしましょうと言われました。
だからと言って副作用が軽くなる保障はないみたいですが。
少しだけ期待してます。

あ!髪の毛すっかり抜けました。
でもわずかながらしぶとく残ってるヤツもいます。

かつらデビューの日、隣に住む義母に見せたら
『全然わかんないよ』って言われたのでそれに気をよくして会社へ。

『今日からかつらなんですぅ』
『うんわかるよ』
即答。
毎日見ていればわかるさ、と。
そっかそんなもんか。

ちなみに義母はとーってもやさしい人です。
お母ちゃんに気を使って『わからないよ』と言ってくれたのか、本当にわからなかったのか
未だに聞いてません。
ま、どっちでもいいか。
[PR]
by shibainukai | 2008-02-10 14:11 | EC治療開始 | TOP↑
EC治療1回目
ようやく長かった副作用から少しだけ回復しました。

1月21日から初めてのおつかい・・・じゃなくて初めての抗がん剤治療が始まりました。
どんな気持ちになるんだろうとか、泣いてしまうかもとか、いろんな思いで受けた点滴です。
ところが、普通にいたって冷静に受けることができました。
採血。問診。診察。そしていざ抗がん剤投与。
朝8:30開始で会計終了が12:30。
実際の点滴時間は1時間でした。
おなかがすいたので帰りにスーパーに寄って家に着き、お昼食べて3時間くらい経過した頃から・・・
あ~なんか気持ち悪~
夜中ゲーゲー吐きまくり。
それでも気丈に次の日出勤したりなんかして。
会社行ったり休んだり。
帰宅して寝込み。
そんな一週間でした。
翌週は吐き気はあるものの少し復活したので普通に会社の予定でした。
ところが咳がひどくなりおまけに熱も出てきて、1月30日夕方早退して病院へ連絡。
救急外来へ。
熱39度2分
即入院です。

『なんで仕事なんか行ったの?』
『すぐに来ないとだめよ』

白血球の中の好中球の数値がな・な・なんと2ケタ・・・・・
血小板の数値も下がりこれ以上下がると『輸血』しますって。
というわけでビニールに囲まれたベッドの中で6日間過ごしました。
そして先ほど無事退院してきました。
めでたしめでたし

っておいおい終わってないよ~

入院中は白血球の数値を上げる注射と朝晩の抗生物質の点滴あんど栄養補給の点滴でした。血管が痛い。

でも入院してよかった。
化学療法棟のためみ~んなおんなじような病気です。
だからいろいろな話も聞けたし、入院中に脱毛も始まったので泣いている暇ありませんでした。
『抜けるときどうでしたか?』
なんていう私の質問にも
『ぜんぜん平気だよ』
これあげる・・・といって手作りのバンダナ帽くれたり。

今脱毛真っ最中です。
家に帰りシャンプーしました。
今までの私ならここでショックを受けて泣くところですが、あの帽子があるさ!と結構平気でした。自分でびっくり。
長くなったので今日はこれで。
[PR]
by shibainukai | 2008-02-04 16:35 | EC治療開始 | TOP↑